HOME プロフィール

マダム樹乃

Author:マダム樹乃

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

マダム樹乃の月と星の発信


2015年01月の記事

1月20日 新月

1月20日 大寒ですね

そして新月です

22時14分 水瓶座で起こります


水瓶座は発想豊かで、改革や企画の得意な星座です

風のスートに属していて、クールで知的な印象があります

束縛を嫌い自由を求めます

かといって、一匹狼でもなく案外博愛主義でもあります

水瓶座新月で叶いやすい願い事の例としては

「独創的」 「自由」 そして忘れてはいけない 「ネットワーク」「IT関連」「最新の」

事が叶いやすいです

例えば

・自由に自分の考えが言える(実行出来る)ようになる

・個性(自分の持ち味を書けばなおベスト)をいかせるようになる

・幅広い情報発信が出来るようになる



紙に必ず手書きで、3個以上10個以内の願い事を叶ったかのような書き方をします

自分軸で書きます(人の願い事は出来ません、人の事は変えれないのです)
例えば ○○さんが私の事を好きになってくれますように←こういうのはNGです



水瓶座の守護星は天王星です
天王星が表すのは天空の神です
大空を自由に風にのって飛ぶ鳥や飛行機はラッキーアイテムです
自分が大空を飛ぶイメージをしても良いですね
イメージを頭に描いてお願い事を書くのもよいかもです(*^^*)


新月が起こってから8時間以内 に書くのがパワーが一番あると言われていますが
48時間以内なら有効です(ボイドタイムは1月22日 10時46分~21時49分です 気にされる方はこの時間は避けて下さい)


水瓶座のパワーをもらって自由な新しい自分への改革してみてくださいね~



2015011922560032d.jpg



あ、そうそう
大寒の日に生まれた卵を食べると大人は金運が、子供は健康運が上がるらしいですよ
お試しあれ\(^o^)/

スポンサーサイト

2015年1月5日 満月

あけましておめでとうございます

今日からお仕事と言う方も多いでしょう

2015年明けてはじめての満月です

1月5日 13時53分 蟹座で起こります

私は西洋占星術は本を読みかじっただけなので星読みができるのではないのですが

しらべてみたところ星の配置が牡羊座天王星と山羊座冥王星が相克関係にある配置になっているそうです

これにより破壊と再生(刷新的な)が大きなテーマになっているので

次のステップに進むには何かを壊したり、刷新する必要があるようです

この蟹座満月では手放しや、許し はもちろん それを行って

新しい生き方であったり次のステップにシフトしていくための準備をするのに向いています

2012年から今日までを振り返ってみるのもよいでしょう

ずいぶん変わったと感じる方多いのではないでしょうか

その変わった感じ(どんな風に変わったのかを)意識すると自分のシフトしていく先が見えて来るかもしれません
もし居心地よく変われていないと感じる方はこの満月を境に居心地のよいところにシフトしていくよう意識してみてください(どんな自分になりたいかそれを邪魔しているものを手放します)


今水瓶座に水星と金星、火星が居ます
水瓶座は古いことにとらわれず自由を求める星座です

自由であることを自分に許し、より自分らしく生きるためにブロックしているものを手放すのも効果的です

自分らしく輝く為の手放し この蟹座満月で行ってみてくださいね

自分の居場所(部屋)を居心地が良いように模様替えするのも運気が上がりますよ


満月のお財布フリフリもお忘れなく(⌒‐⌒) ←空の財布(通帳でもいいです通帳は空でなくていいです)を満月に向けてフリフリするとお金が入って来るそうです

ダイエットしたい方も満月から始めると良いそうです

年末年始引きこもってしっかり食べた私はまずダイエットからになりそうです(^^;

私はボイドタイムはあまり気にしないのですが今回の満月はほぼボイドタイムとかぶっています
気にされるかたは6日20時40分~行ってみてください
満月は過ぎていますがまだ効果は望めます


20150105013744ea7.jpg













プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。